Muumimuseo
  • 英語
  • フィンランド語
  • 日本語
  • ロシア語
  • スウェーデン語

世界でひとつのムーミン美術館は

フィンランド、タンペレ市にあります!

情報
開館時間 火〜金 9〜19時、土・日 11〜18時/ 大人12 €、小人6 € / Tampere-talo, Yliopistonkatu 55, Tampere, Finland

展示

『それからどうなるの?』

ムーミンたちのご先祖様はどこに暮らしているの?ムーミンパパの大変だった若い頃のことって?雷の時にニョロニョロは何をしているの? これらの、そのほかのたくさんの秘密が『それからどうなるの?』展で明らかになります。ムーミン美術館の最初の常設展では、ムーミンの物語を…洪水や水上劇場、灯台の島の謎、十一月のムーミン一家の失踪ミステリーなどを解説しています。

シネマ・オブザバトリー - 2018年6月26日~

企画展スペース「オブザバトリー」が2018年6月26日にシネマ・オブザバトリーとして生まれ変わります!

17 / 06 / 2018

ムーミン美術館が開館1周年を迎えます!

世界でひとつのムーミン美術館が2017年6月17日に開館してからちょうど一年になります。開館から1年を経て、ムーミン美術館を訪れる方は世界中から10万人を超えています。 開館記念日の2018年6月17日(日)にはムーミン美術館にいらした全ての方にオリジナルポストカードをプレゼント。自宅に飾ったり、メッセージを書いてお友だちに送ったりしてはいかがですか。 また、 開館1周年記念プログラムとして 無料ガイドツアー(毎時フィンランド語、英語は15: 00のみ)や、開館記念 - ポストカードワークショップ(11: 00~18: 00ノンストップ)を開催。 ワークショップでは、美術館へのお祝いメッセージカードを作ったり、自分用やお友だち用、あるいはお気に入りのムーミンキャラクターに宛てたカードを作ったりできますよ。トーべ・ヤンソンがムーミン本表紙画に用いたガッシュ絵の具を使って、カードに絵を描いてみましょう。 タンペレホールショップでは開館記念日に限り、全てのムーミン本が30%オフ。開館1周年を祝うムーミン美術館へのお越しをお待ちしております。
2018/6/17

6月にオープンするムーミン美術館がタンペレ・ピルッカラ空港の第1ターミナルにトーベ・ヤンソン作『ムーミン谷の冬』の世界をお届けします。ムーミントロールからフィリフヨンカまで、ムーミンでおなじみのキャラクターたちがターミナルのあちこちに。またムーミン谷の住人たちに導かれながら保安検査あとのスノーキャッスルまでやってくると、そこには小さな美術展が行われています。展示作品はトーベ・ヤンソンの『ムーミン谷の夏まつり』の原画を用いたデジタルプリント。外の天気が優れず気がのらないときでも、この展示があれば、待ち時間も退屈知らずです。魔法の冬、トーベ・ヤンソンの描く夏の風景…ムーミンたちの世界にひたる、心地よい時間をお過ごしください。

タンペレホール・ショップはムーミングッズやフィンランドデザイン、手作りの一点ものなど厳選した良いものをお届けするショップです。ムーミン美術館だけでなく、タンペレホールを訪れるすべての方へと考えた品揃え。ワクワクするようなムーミングッズ、デザイン、音楽、トーベ・ヤンソンが手がけたムーミン本、タンペレに関する商品、フィンランドの定番ブランドの商品などをご用意しています。ムーミンポストカードを投函してみてはいかがでしょうか。ショップでの切手取り扱いの他、ここで投函するとムーミン美術館だけの消印がつきます。

「さあ、あしたもまた長い、いい日でしょうよ。しかも、はじめからおわりまでおまえのものなのよ。とても楽しいことじゃない!」 と、ムーミンママはいいました。

『ムーミンパパ海へいく』より

トーベ・ヤンソンが執筆し挿絵を描いたムーミン本は、子供だけでなく大人も虜にしてしまいます。ライブラリーの棚の隙間、穴のようなところで、じっくりとトーベの 描く見事な世界に浸ってみてはいかがでしょうか。棚には何年もかけて集めた貴重な本が並んでいますし、引き続きコレクションを増やしていく予定です。ライブラリーはタンペレホールを訪れる人がつい足を止めてしまうような、メインロビーにあります。ここはタンペレホールが開いている時であれば、いつでもお立ち寄りいただけます。