Muumimuseo
  • 英語
  • フィンランド語
  • 日本語
  • ロシア語
  • スウェーデン語

オブザバトリー

企画展スペース「オブザバトリー」は次の企画展準備のため、現在クローズしています。

 

オブザバトリーでの過去の企画展

シネマ・オブザバトリー-2018年6月26日~2018年8月31日
ムーミン美術館では、ムーミンたちがどのように世界を席巻していったのかを紹介する、ニナ・プルッキネン制作の映画『ムーミンブーム』のダイジェスト版を上映いたします。トーべ・ヤンソンとイギリスのアソシエイティド・ニュースペーパー社のコラボレーションにより、イブニング・ニュース紙でムーミン・コミックスの連載が始まったのは1954年9月20日のこと。ここからどのように、ムーミンたちの人気に火が付き、ムーミン・コミックスが世界中から2千万人もの読者を得るに至ったのか。そしてこれはのちに大きなうねりとなるムーミンブームの始まりでもあったのです。 (Parad / 15分)
 
トーべ・ヤンソンとムーミンたち-2017年8月9日~2018年5月26日
ムーミン美術館の企画展第一弾「トーべ・ヤンソンとムーミンたち」展では、ムーミンたちの原点は1930年代の「ブラックムーミン」にあり、戦時中に『ガルム』紙上に掲載された政治風刺画や、ムーミングッズが多数販売された1950年代の第一次ムーミンブームを経て、1990年代のムーミンアニメに至っている様子をご紹介しました。同時にトーべ・ヤンソンが10代の頃描いたムーミンの原型といわれるキャラクターをアニメーションで描き、1940年代にトーべ・ヤンソンが『ニュティド』紙上に掲載した初期のムーミンコミックス、1950年代に販売されたアトリエ・ファウニ社のムーミン人形やアラビア社の初代ムーミンマグカップ、そして様々な言語に翻訳されたムーミン本のオリジナル表紙画が展示されました。
 
写真:「トーべ・ヤンソンとムーミンたち」展
ヤリ・クーセンアホ/タンペレ美術館